FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ミルク

2010.03.18 (Thu)

【ミルク】2008/アメリカ
D112950263.jpg

監督:ガス・ヴァン・サント
出演: ショーン・ペン
    エミール・ハーシュ
    ジョシュ・ブローリン
   ジェームズ・フランコ
   ディエゴ・ルナ

楽しみにしていたこの作品観ました!!

本作品で2008年のアカデミー賞☆主演男優賞獲得したショーン・ペン。

脱帽だ<(_ _*)>
彼の演技には脱帽です!!

本物のミルクが背中に張り付いているんじゃないの?
チカラの入り具合からして本物か?


☆解説:1970年代のアメリカで、同性愛者であることを公表して公職に就いたアメリカ初の政治家ハーヴェイ・ミルクの生き様を描く伝記ドラマ。監督は『エレファント』のガス・ヴァン・サント。個人の権利を守るために戦い、凶弾に倒れたミルクをオスカー俳優ショーン・ペンが演じている。同役ですでに多数の映画賞を制覇しているショーンの熱演と、今なお尊敬の念を集めるミルクの愛すべき人柄をフィルムに焼き付けたガス・ヴァン・サントの手腕を堪能したい。(シネマトゥデイ)

私はこの映画を観る前にハーヴェイ・ミルクのドキュメンタリー映画を観た。
それは本物だしリアルだった。

そのミルクをショーン・ペンがどんな風に表現するのか興味深かった。

でもショーン・ペンは本物だった!!
ミルクそのものだ!!

実は鑑賞途中でちょっと疲れた・・・。
何故か分からないけどね。

なんで?
なんで?

普段生活していてそう考えない問題。
本当は考えなくてはいけない問題だろうけど。

ゲイとか?
正直あまり考えないからね。

こんなに生きてゆくのが大変な事。
大国アメリカにおいても認めちゃくれない。
(大国故のあの偏見の激しさに驚いた!!)

現在はどうか知らないけれど。
ミルクが生きた時代には少なくとも厳しい生活だったのね。

そしてミルクの頑張り具合を見る度に・・
胸が痛くて倒れそうになったゎ(大袈裟)

冒頭で恋人スコットに『50歳まで生きられないかも』みたいな事言ってる。
言葉とおり48歳の誕生日後に殺された・・。

先を急いで死に急ぐ様に差別反対を大声で叫んで・・死んだ。

ミルク・・。

凄い・・。

95%のストレートと5%の同性愛者。
それを認めて欲しいと東奔西走するミルク。

家族に話せ。
自分が同性愛者だと話せと。
そこから社会とのかかわりが始まると。

マイノリティな世界。
でもそこには同士が居て居場所がある。
外にはない。

本作品はゲイへの偏見や差別を語っているけど。
世の中にはそれ以外にも多くの偏見がある。
人種や宗教とかね。

それも考えさせくれた映画でした。

※劇中に時々入る当時の実映像が効果を上げていた。
 特にラストのキャンドル行進は感動もので圧巻。


アカデミー賞の受賞式でのショーン・ペンのスピーチ・・
当時も感動したけれど
映画鑑賞後に思い出してみると重い言葉。
そして意味のある言葉でした。


・・・おまけ・・・
スコット役のジェームズ・フランコが良かったぁ(≧∇≦)



アビー


19:50  |  実話★映画  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

うん、脱帽! 同感です!

このショーン・ペンは、アカデミーも納得だったよね~~~
ほんとに乗り移ってるみたいな’魂の演技’だった~

うん、普段身近にゲイがいなきゃあんまり考えない問題ではあるよね。
逆にゲイさん本人なら、四六時中(←だってそのうえに成り立ってる自分だしね。)脳裏にある問題なんだろうな。

関係ないと思ってる異性愛者に、だからこそ家族が「こんなに身近にいるんですよ」とカミングアウとするのは最高に有効な手段なんだろうけど・・・
やっぱり躊躇するよね。

しかし、ジェームズ・フランコは良い!(強引にマトメ)


わさぴょん |  2010.04.15(木) 20:48 | URL |  【編集】

わさぴょんちゃんへ♪

お~~(@@)
お久しぶりだね~~♪
色々忙しいのにコメントくれて嬉しいゎ~♪
ありがとうv-221

ミルク!!
良かったね~☆
自分は同性愛に関心がなくても・・
うんうん!!そうかぁ~そうなんだね~って
納得しちゃう感覚を覚えた。
ショーン・ペンって不思議な俳優さんで・・
何を演じても演技に見えないから観ていると本物?
って思っちゃうよ。
(上手いって事だけど)

カミングアウトするって簡単じゃないんだねv-292
少数である事は何事も肩身が狭い世の中なのね。。。

☆時々PC開いたら又遊びに来てね♪
あ!無理しないでいいからね^^

コメント嬉しかったぁ(^^)
ありがとうねv-318
アビー |  2010.04.15(木) 21:45 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bibahiru.blog81.fc2.com/tb.php/315-34daa933

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数:
  1. 無料アクセス解析