FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

プライズ~秘密と嘘がくれたもの~

2013.02.26 (Tue)

【プライズ~秘密と嘘がくれたもの~】2011年/メキシコ/フランス/ポーランド/ドイツ無題

1970年代の軍事政権下のアルゼンチンでのお話し。
少女セシリアは母親と身を潜めて海岸近くの古屋?的なところに住んでいた。

当時のアルゼンチンでは軍事政権に対する反体派にはえげつない程の拷問などが・・・

セシリアの両親もそうだったのでしょうね。
その為母娘は政府から身を隠していたのです。

7歳のセシリアに母親は決まり文句を教え込んでいます。
『パパはカーテン売ってる』
『ママは主婦』

誰に聞かれてもこう言えってね。

セシリアは隠れ場所近くの小学校に通います。

母親は気が気ではありません。
身を隠している事が政府に知れたら大変。


ある日学校に軍人が慰問に来ます。
そこから物語は進みます。

7歳のセシリアにはあまりにも重くて理解出来ない大人の世界・・・
でもとても危ない世界。

ある日セシリアの書いた作文が賞を取り表彰式があるのですが
軍のイベントなんかに出ることを固く反対して許さない母と
みんなに拍手されて喜びたい娘とのすざまじい空気が流れます。


私はこの映画がどうゆうものかあまり内容も見ないで観賞したのですが
きっと・・女性監督だな~~って思っていました。
やっぱりそうでした。

描き方が繊細なんですよね・・・
女性目線での母娘の描き方。

で。↓こういう事でした。

現在はメキシコを拠点に活動する女性監督のP・マルコヴィッチが、1970年代の軍事独裁政権下のアルゼンチンで少女時代を過ごした自らの記憶と体験をもとに作り上げた半自伝的ドラマ。抑圧的な社会体制の中で、人々がピリピリと神経をとがらせ、息をひそめるようにして不安な毎日を送る一方、そんな大人の事情がよく分からないまま、ひとりの少女が書き上げた作文が、とんだ波紋を巻き起こす様子を淡々と静かに見つめ、第61回ベルリン国際映画祭において、撮影と美術の2部門で銀熊賞芸術貢献賞を受賞した。
(wowowより)

ドキュメンタリー映画か?っと錯覚を起こしそうな程リアルな存在セシリア。

演技なんでしょうか・・
上手すぎます!!

先日観賞した■シモンの空もそうでしたが
子役が自然ですね・・

表情がもう切な過ぎます!!
映像に入って抱きしめてあげたいくらいです。

本作品は映像がとってもゆったりで時の流れもゆったりです。

同じ場面の撮り方長~~いです。

北野武監督も大人しい映画の時にこんな感じです。
っと思いましたけど・・違う?


横道それてしまいましたが
本作品はある意味・・衝撃と感動が交錯した感じでした。

軍事政権も意味すら分からない少女が母親に言われたように
人生を歩く姿
いや・・そんな深い意味などなく母に嫌われたくないだけ
どこにでもいる子供と同じ。

ラストシーンがまた良い!!
意味は自分で考えないといけないラストシーン。

私は好きだなぁ~~★

※余談ですが隣でチラ見していた旦那は『暗い!!』の一言で片付けましたが(笑)
 良い映画なんだろうけど『この映画は無理』と言ってました(ふん)



アビー



ホチっとお願いします♪
15:17  |  ヒューマン★映画  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

パッチです。

この映画鑑賞したことがないのですが
どこか興味惹かれるところがあります。

旦那さんが暗いと仰っていたみたいですが
それはストーリーの内容もそうですが
ゆったりとした雰囲気が流れているからなんでしょうかねっ。

ラストシーンもいいみたいですので
また観てみたいなぁと思いました(^^)
パッチ |  2013.03.12(火) 17:26 | URL |  【編集】

パッチさんへ♪

コメントありがとうございます♪

そうなんですよ~~。
夫はアクションものが好きなので
この様なゆったり系は苦手のようです。

本当に映画は好みがハッキリ分かれますね♪
良かったら是非ご覧下さって♪
ラストシーン・・
ちょっと泣けます。
アビー |  2013.03.12(火) 21:51 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bibahiru.blog81.fc2.com/tb.php/371-3e40b2e1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数:
  1. 無料アクセス解析